うつの診断を受ける前に知っておきたいストレス対策術!

うつを予防する方法

ハートを持つ医師

責任感が強く何事も引き受けて自分で解決しようとする人は、普段からマイナスな考え方をしがちな人と同様にうつになりやすいことが分かっています。うつの原因がストレスなのは周知の事実なのですが、責任感が強い場合には本人も知らないうちに精神的なプレッシャーを抱えてしまうことが多いのです。また、人からの頼みごとなどを断れずに引き受けてしまうような弱気な人も要注意だと言えるでしょう。誰にも相談することが出来ないような環境に居ると、ストレスを軽くするための対処が行なえません。企業や学校ではカウンセラーを配置して適切なケアを行なっている場合もあります。しかしそれはまだごく一部であるため、社会的にはそういった制度が整っていないのです。うつを予防するためには本人の心の強さ、そして周りの環境がとても大切になります。定期的な診断を受けられるような社会へと推移していくことが望ましいでしょう。

うつは心の問題だけではなく、健康面での不安や栄養不足などが発症の要素になることも少なくありません。適切な栄養素をしっかりと摂取出来ていれば、普段から体の機能が正しく働きます。しかし栄養が不足している場合には部分的な機能が作用せず、ホルモンの分泌が過剰になったり減少したりと様々な異常を起こすようになるのです。セロトニンというホルモンは心をリラックスさせる効果があるのですが、栄養不足に陥るとセロトニンの分泌量が少なくなってしまうことがあります。そうなると考え方がネガティブになり、心の耐性自体が脆くなってしまうのです。しっかりとバランスの整った食生活を続けていれば体の機能が回復します。診断結果によって正しい予防法を導き出すことが可能なので、激しいストレスを感じている場合には医療機関やカウンセリングなどで診断を受けるようにするのが最適です。

引きこもりがちだとセロトニンの分泌量の減退、またはビタミンの体内合成が行なえない場合があります。外に出て日光を体に浴びることはうつの予防になるので、ストレスを感じた際には積極的に外へ出るようにしましょう。診断では精神状態を知ることが出来るので、発症リスクが高いという場合にすぐ対策を行なえばうつの予防を確実に行なえます。