うつの診断を受ける前に知っておきたいストレス対策術!

寛解に必要な治療

病棟

症状を診断してうつであることが明らかになったら、しっかりと治療する必要があります。不眠や食欲不振などの身体的異常、そしてネガティブ思考といった精神的異常が長く続いた場合、衝動的な自傷行為をしてしまう可能性が高くなります。最悪の場合は生きていることがとてもつらくなり、自殺を図ってしまうケースも少なくないのです。しかし、そうなってしまう前に治療を受けることで心身のバランスを取り戻し、再び社会に復帰することが出来ます。診断結果や患者の希望、または心療内科の方針によって、様々な治療法の中からその人に合ったものを選択することが可能なので、無理をせずにゆっくりとうつに向き合っていくと良いでしょう。全国各地には多くの心療内科があります。うつの他にも統合失調症などの疾患に対応していて、それぞれ適切な治療法を受けることが可能です。まずは早めの診断を心がけましょう。

うつは完治という概念が存在しません。適切な治療を受けて精神状態を正常なものに改善することは可能です。しかし何らかのきっかけで再びうつを発症することもあり、どの状態が完治であると判断されるのかは明確になっていないのです。少なくとも半年から一年ほどの期間を治療に費やす必要があるのですが、医師が社会に戻っても問題はないと判断した場合、寛解したという表現が用いられることがほとんどです。治療を始めてから寛解までは時間がかかってしまうことも多いでしょう。しかしそれにはもちろん個人差があります。診断の結果が軽かった場合、治療期間が短くて済むこともあるのです。

うつを治療する際には適切な医療機関を選択することが重要なポイントになります。まず、適切な治療環境が整っているかを事前に確認してみると良いでしょう。本人が判断出来ない場合には、家族などの周りの人たちがしっかりサポートしてあげる必要があります。心療内科ではうつの診断や治療を行なうために最適です。内服薬を併用しながら効果的な治療を提供してくれるので、身体的な異常やネガティブ思考などの症状をしっかり抑えつつ、心と体のバランスをゆっくりと整えてくれるような対応をしてくれるのです。